HOME > 活動報告 - イベントなど

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  
  • No Image

    「国際患者会シンポジウム 心疾患医療政策への患者参画」>>
    日時

    2007年4月22日、日本医療政策機構は「国際患者会シンポジウム 心疾患医療政策への患者参画」を株式会社 富士通総研と共催いたしました。...続きを読む

     
  • No Image

    第9回朝食会「生活習慣病の予防について」>>
    日時
    ゲスト

    今回は、当機構理事吉田裕明が「生活習慣病の予防について」をテーマに講演させていただきました。(要旨)戦略研究とは、行政のニーズにより計画され、その成果を「国民の健康に関する課題」や「国民の生活の安心・...続きを読む

     
  • 第8回朝食会「『改革』のための医療経済学」

    第8回朝食会「『改革』のための医療経済学」>>
    日時
    ゲスト

    去る1 月11 日、第8 回朝食会を開催いたしました。ニューヨーク州ロチェスター大学医学部地域・予防医学科助教授として、医療経済学を研究していらっしゃる、兪 炳匡先生にご講演戴きました。先日、ご出版さ...続きを読む

     
  • 「再生医療臨床応用に向けた制度的課題」

    「再生医療臨床応用に向けた制度的課題」>>
    日時

    日本医療政策機構による政策提言をベースに、再生医療をめぐる諸問題とりわけ①審査・認可に関する諸制度と②細胞バンクに関して問題点を討議した。まず、当機構の政策提言で主査を務めた京都大学教授川上浩司氏によ...続きを読む

     
  • 第7回朝食会「医薬品・バイオ製剤の開発と認可行政を考える」

    第7回朝食会「医薬品・バイオ製剤の開発と認可行政を考える」>>
    日時
    ゲスト

    去る11月2日、第7回朝食会を開催いたしました。京都大学大学院 医学研究科薬剤疫学分野 教授の川上浩司先生に「医薬品・バイオ製剤の開発と認可行政を考える」というテーマでご講演戴きました。会場から質問や...続きを読む

     
  • 第6回朝食会「患者になって見る医療」

    第6回朝食会「患者になって見る医療」>>
    日時
    ゲスト

    去る9 月14 日、第6 回朝食会を開催いたしました。がん患者会のリーダーとして、ジャーナリストとして活躍していらっしゃる、読売新聞社社会保障部の本田麻由美記者に「患者になって見る医療~医者との意識の...続きを読む

     
  • 第5回朝食会「データに基づいた医療政策:韓国・台湾の経験から学ぶ」

    第5回朝食会「データに基づいた医療政策:韓国・台湾の経験から学ぶ」>>
    日時
    ゲスト

    今回は、一橋大学大学院国際・公共政策大学院教授の井伊雅子先生に「データに基づいた医療政策:韓国・台湾の経験から学ぶ」をテーマにご講演いただきました。(要旨)台湾や韓国は、日本の皆保険制度を手本にして皆...続きを読む

     
  • 第4回朝食会「医療の質をどう改善するか」

    第4回朝食会「医療の質をどう改善するか」>>
    日時
    ゲスト

    今回は、当機構理事の埴岡健一が「医療の質をどう改善するか」をテーマに講演させていただきました。(要旨)いま、日本の医療の質を測るための努力が強く求められている。それは医療の質に大きな格差があるという疑...続きを読む

     
  • 第3回朝食会「鎮守の森・お寺・福祉環境ネットワーク事始め」

    第3回朝食会「鎮守の森・お寺・福祉環境ネットワーク事始め」>>
    日時
    ゲスト

    今回は、当機構理事の廣井良典が「鎮守の森・お寺・福祉環境ネットワーク事始め―「自然のスピリチュアリティ」とコミュニティづくり」をテーマに講演させていただきました。(要旨)本日のテーマにある「鎮守の森」...続きを読む

     
  • 「日本の決断―国民が真に求める医療政策とは」

    「日本の決断―国民が真に求める医療政策とは」>>
    日時

    日本医療政策機構によるシンポジウムの第四弾。東京大学医療政策人材養成講座との共催のもと、「国民が真に求める医療政策とは何か」という大きな視点で、幅広い課題を討議した。シンポジウムは安倍晋三官房長官によ...続きを読む