HOME > 活動報告 - イベントなど > 第21回朝食会「医療政策は選挙で変える」

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

第21回朝食会「医療政策は選挙で変える」

開催日2009-03-19 ゲスト権丈 善一 氏(慶應義塾大学商学部教授)

第21回朝食会「医療政策は選挙で変える」

第21回朝食会「医療政策は選挙で変える」権丈善一先生
去る2009年3月19日に開催し、第21回を迎えた定例朝食会。

今回は、医療政策分野で最も注目されている研究者のひとりである権丈善一先生にお越し頂き、「医療政策は選挙で変える」と題してご講演頂きました。医療従事者はもちろんのこと、メディア、政府、企業などから多数の方にご参加頂きました。同名の著書は、2007年参院選直前に出版され大きな話題を呼びました。近く予想される総選挙を前に、医療政策をより良くするために何をすべきか、国民は何を知るべきか、活発な議論が展開されました。

多くの方にご参加頂き誠にありがとうございました。

■当日の配布資料はこちら(日本医療政策機構ウェブサイト)
■権丈善一先生の近著
・『医療年金問題の考え方』 慶應義塾大学出版会、2006年。
・『医療政策は選挙で変える(増補版)』 慶應義塾大学出版会、2007年初版。
・『社会保障の政策転換』 慶應義塾大学出版会、2009年。

■講師略歴
権丈善一(けんじょう よしかず)
慶應義塾大学商学部教授 博士(商学)
1962年福岡県生まれ。1985年慶應義塾大学商学部卒業、1990年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。嘉悦女子短期大学専任講師、慶應義塾大学商学部助手、同助教授を経て、2002年より現職。
主要業績に、『医療経済学の基礎理論と論点(講座 医療経済・政策学 第1巻)』(共著、勁草書房、2006年)、『医療年金問題の考え方―再分配政策の政治経済学Ⅲ』(慶應義塾大学出版会、2006年)、『再分配政策の政治経済学I―日本の社会保障と医療[第2版]』(慶應義塾大学出版会、2005年〔初版、2001年、義塾賞〕)『年金改革と積極的社会保障政策―再分配政策の政治経済学Ⅱ』(慶應義塾大学出版会、2004年、労働関係図書優秀賞)、翻訳としてV. R. フュックス『保健医療政策の将来』(共訳、勁草書房、1995年)などがある。

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る