HOME > 活動報告 - イベントなど > シンポジウム出席報告「改革時代のイノベーション」(SWEDISH主催)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

シンポジウム出席報告「改革時代のイノベーション」(SWEDISH主催)

開催日2010-10-14

シンポジウム出席報告「改革時代のイノベーション」(SWEDISH主催)

当機構代表理事の黒川清は、20101014日にシアトルの非営利医療機関SWEDISHにて開催されたシンポジウム「Innovation in the Age of Reform(改革時代のイノベーション)」にパネリストとして出席しました。

世界各国より44名のスピーカーを招いて行われた今回の会議では、弱体化しているヘルスシステムの解決策について議論が交わされました。シンポジウムの最後には、地域まで行き渡るヘルスケアを実現するためにコミュニティーが果たすべき12の提言が発表され、閉会となりました。

 Be Transparent(透明化)」「Collaborate Across a Community(コミュニティーを越えた協力)」「Make the Consumer/Patient the Priority(医療の受け手・患者を第一に)」などの12の提言が掲載されたウェブサイトはこちら(英語)>>

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る