HOME > 活動報告 - イベントなど > 「NCD(非感染症疾患)対策の現在の潮流と今後の世界の動向」第13回特別朝食会開催報告

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

「NCD(非感染症疾患)対策の現在の潮流と今後の世界の動向」第13回特別朝食会開催報告

開催日2011-11-29

「NCD(非感染症疾患)対策の現在の潮流と今後の世界の動向」第13回特別朝食会開催報告

★当日の映像は、こちらからご覧いただけます(YouTubeにリンクします)。
日本医療政策機構は2011年11月29日、当機構相談役、賛助者、有識者等を対象とした特別朝食会を開催いたしました。


今回は、当機構主催の「NCD JAPAN FORUM 2011」に合わせて来日した海外有識者2名、NCD Alliance 戦略コンサルタントのジュディス・ワット氏と、ランス・アームストロング財団 ディレクターのロイス・ペース氏の両名をスピーカーに迎え、世界におけるNCD(非感染症疾患)対策の現在の潮流と今後の世界の動向について、ご講演頂きました。

2011年9月には国連ハイレベル会合が開かれ、生活習慣の改善や早期発見・治療により改善が可能な、糖尿病、循環器疾患、呼吸器疾患、がんなどのNCDに対し、国際社会が協力して取り組むべきだとする国連宣言が採択され、世界各国の今後の取り組みがより注目されてきています。

講演の中でワット氏は、日本が果たせる役割が大きいことを指摘し、ペース氏も市民社会を含めたマルチステークホルダーによる国内外の取り組みの重要性を指摘しました。

日本でも既に世界に先駆け、これらの非感染性疾患について取り組みが始まっており、今後の活動の重要性と、日本がグローバル社会でイニシアティブを取ることの重要性について、活発な意見交換がなされました

 

イベントなど一覧に戻る

Ms. Judith Watt, Strategic Consultant to the NCD Alliance Ms. Judith Watt, Strategic Consultant to the NCD Alliance
Ms. Loyce Pace Bass, Director of Health Policy for LIVESTRONG Ms. Loyce Pace Bass, Director of Health Policy for LIVESTRONG
参考資料
Speaker1_Ms.Judith Watt, NCD Alliance Speaker1_Ms.Judith Watt, NCD Alliance
Speaker2_Ms.Loyce Pace, LIVESTRONG NCD Advocacy Speaker2_Ms.Loyce Pace, LIVESTRONG NCD Advocacy
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る