HOME > 活動報告 - イベントなど > 「国際保健NGOのアドボカシー」第38回朝食会開催報告

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

「国際保健NGOのアドボカシー」第38回朝食会開催報告

開催日2012-06-28

「国際保健NGOのアドボカシー」第38回朝食会開催報告


日本医療政策機構は、2012年6月28日(木)、第38回定例朝食会を開催いたしました。今回は、途上国の妊産婦と女性を守るために活動をされてきた、ジョイセフの代表理事、石井澄江氏をお招きし、「国際保健NGOのアドボカシー」をテーマにお話しをうかがいました。

この度の朝食会では、日本のNGOとして、国際保健分野のアドボカシーをリードしてきたジョイセフの歴史、ご経験をふまえながら、国際保健分野におけるアドボカシーの重要性や現状、今後の課題と展望についてお話しいただきました。アドボカシーでは、国内のみならず海外のNGOとも連携し、「One Voice」として市民の声を発信することが重要である等、幅広いお話しを伺う機会となりました。

当日は50名を超える参加者が集まり、熱心に石井氏の講演に耳を傾けていました。講演後、会場からはジョイセフの実施するフィールドプロジェクト、広報活動、企業との連携にいたるまでさまざまな質問があり、活発な議論が展開されました。

■テーマ
「国際保健NGOのアドボカシー」

■スピーカー
- 石井 澄江氏 (公益財団法人 ジョイセフ 代表理事)

■日時
2012年6月28日(木)8:00~9:00(7:45より受付開始)

■場所
GARB 丸の内 (東京都千代田区丸の内2-2-3)
http://www.garb.jp/shop/

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る