HOME > 活動報告 - イベントなど > グローバルヘルス サマープログラム 報告書掲載

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

グローバルヘルス サマープログラム 報告書掲載

開催日2012-07-30

グローバルヘルス サマープログラム 報告書掲載

グローバルヘルス サマープログラム
「地域ニーズにあった医療復興支援 ~東日本大震災からの学び~」


報告書は右欄からダウンロードしてご覧いただけます。


日本医療政策機構では、昨年に引き続き、「グローバルヘルス サマープログラム」を開催いたしました(共催:東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室)。今回は、「地域ニーズにあった医療復興支援 ~東日本大震災からの学び~」をテーマに、国内外の第一線で活躍するグローバルヘルスの専門家の協力のもと、グローバルヘルスや災害医療に関する講義、東北地方へのフィールドトリップ、ワークセッションという約10日間のプロセスを経て、最終日の報告会にてグループごとに「気仙沼医療圏における地域ニーズにあったヘルスケア・モデルを実現するためのアクション・プラン」と「私たちの5カ条~地域ニーズにあったヘルスケア・モデル構築法~」を発表しました。


                 記
【開催期間】
 2012年7月30日(月)~8月10日(金)

【スケジュール】(変更の可能性あり):
7/30(月)- 8/1(水)   スキル研修・基礎講義 9:00-17:30
8/2(木)- 8/3 (金)     フィールドワーク(東北)終日
8/6(月)- 8/9(木)      アクション・プラン作成(グループワーク)  9:00-17:30
8/10(金)              アクション・プラン報告会 10:00-15:00    

【開催場所】
 東京大学本郷キャンパス(フィールドワーク期間を除く)

【主催】
 特定非営利活動法人日本医療政策機構
 東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室

【後援】
 Project HOPE
 WHO神戸センター

【参加費】
無料(交通費・食費は原則自己負担。ただし、東北でのフィールドワークの交通費、宿泊費は当機構が負担いたします。また、遠方からご参加の場合は、指定の宿泊先に限り、宿泊費用全額を当機構負担、また、交通費の一部を補助いたします。)


【プログラム内容】
 ・グローバルヘルス、災害医療の分野で、第一線で活躍するプロフェッショナルによるレクチャー
 ・元戦略コンサルタントによる、問題解決フレームワークやインタビューなどのスキル研修
 ・フィールドワーク*(東北)
*東北での災害後の医療復興の新たな取組みについて学び、アクション・プラン作成に向けて学びを深めることを目的としています。

【言語】
 日本語(一部英語のレクチャーあり)

【募集人数】
 20名

【応募資格】 
 大学、大学院に所属する学生(留学生含む。海外の大学、大学院に所属する学生も歓迎。プログラムで使用する言語は基本的には日本語、一部英語の予定。)


【お問合せ】
 特定非営利活動法人 日本医療政策機構
 〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
 Tel: 03-5511-8521(代表)
 担当:杉山、山口 
 E-mail: ghsp2012@hgpi.org

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る