HOME > 活動報告 - イベントなど > 「英国のプライマリ・ケア、その国民医療における役割」第18回特別朝食会開催報告

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

「英国のプライマリ・ケア、その国民医療における役割」第18回特別朝食会開催報告

開催日2012-09-05

「英国のプライマリ・ケア、その国民医療における役割」第18回特別朝食会開催報告

日本医療政策機構は2012年9月5日(水)、当機構相談役、賛助者、有識者等を対象とした法人朝食会を開催いたしました。

今回の朝食会では、英国家庭医学会 元会長ロジャー・ネイバー(Roger Neighbour)氏をお招きし、英国のプライマリ・ケアについてご講演いただきました。
ネイバー氏は2003年から2006年まで英国家庭医学会(RCGP)会長を務められ、また、家庭医療専門医試験官を20年間、1997年から2002年までは首席試験官を務められました。今後ますます少子高齢化の進む日本における、さまざまな医療問題の解決策として、家庭医の注目が高まっている中、ネイバー先生には、英国の経験や教訓をお話いただき、今後のわが国における示唆を得ることができました。

また、今回は、日本の家庭医療の第一人者であられます福島県立医科大学地域・家庭医療部教授 葛西龍樹先生、日本人で初めてRCGPの専門研修を修了して専門医試験に合格された澤憲明先生、医療経済学教授で日英家庭医療にお詳しい一橋大学大学院国際・公共政策大学院教授 井伊雅子先生もお招きし、日英両国の事情に詳しい先生方からの日本人の視点からのコメントも頂きました。

 

イベントなど一覧に戻る

当日の写真
会場の様子 会場の様子
葛西龍樹氏 葛西龍樹氏
井伊雅子氏 井伊雅子氏
澤憲明氏 澤憲明氏
当日の資料
ネイバー氏スライド ネイバー氏スライド
澤氏スライド 澤氏スライド
井伊氏スライド 井伊氏スライド
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る