HOME > 活動報告 - その他 > カブリ賞授賞式・2012カブリ賞科学フォーラムへの参加報告

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

カブリ賞授賞式・2012カブリ賞科学フォーラムへの参加報告

日時2012-09-07

カブリ賞授賞式・2012カブリ賞科学フォーラムへの参加報告

当機構代表理事の黒川清がカブリ財団*によるカブリ賞授賞式及び2012カブリ賞科学
フォーラムの「Science and Global Health: The Role of Basic Science」(2012年
9月3日、オスロ)にて登壇しました。

(リンク先 http://www.kavlifoundation.org/2012-kavli-prize-science-forum-program

フォーラムでは、科学がグローバルに医療/健康を改善していくために何ができるか、その障壁となるものは何なのか、についてのディスカッションを行いました。

*カブリ財団はノルウェー生まれのアメリカ人、物理学士、実業家、ビジネス・リーダー、イノベーター、そして篤志家である、フレッド・カブリ氏によって創設されました。氏はノルウェー工科大学卒業後に、米国にて航空宇宙や自動車用などのセンサー製造の会社、カブリコ株式会社を起こし、2000年にカブリ財団を創設。財団を通じて世界の人々の生活の質向上を目指し、科学研究を支援しています。
カブリ賞は、財団とノルウェー教育研究省、およびノルウェー科学人文アカデミーの共同事業として2008年に設立された、天体物理学、神経科学、ナノ科学の3分野における優れた科学研究に対して隔年で贈られる国際科学賞です。科学者個人の業績を讃えるだけではなく、人類の未来のために重要な研究の成果を正しく評価することを目標としています。また、研究者間の国際協力を推進するとともに、研究の大切さを広く訴えることを目指しています。

>>フォーラムの様子は、Webcastでご覧いただけます。
http://www.kavlifoundation.org/kavli-prize-science-forum

 
 

ページトップへ

その他一覧に戻る