HOME > 活動報告 - イベントなど > 山田町における高齢者健康・生活総合支援プロジェクト開始のお知らせ

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

山田町における高齢者健康・生活総合支援プロジェクト開始のお知らせ

開催日2012-12-04

 このたび日本医療政策機構では、被災地支援として岩手県山田町における「高齢者健康・生活総合支援プロジェクト」に取組むことと致しました。

 当機構はこれまで米国医療支援団体Project HOPEと共に山田町への医療人材支援等の支援に携わっており、山田町町長佐藤信逸氏、医療法人晃生会近藤医院副院長近藤雄史氏をはじめ、山田町の健康・生活支援に携わるステークホルダーとの関係を築いてきました。本プロジェクトでは、これまでの関係性をベースとしながら、より多くのステークホルダーとの協働の下、先進的なIT技術等を活用し、更なる高齢者健康・生活総合支援を進めます。

■プロジェクトの目的
東日本大震災で被災に遭った岩手県山田町の高齢者が安心して暮らせる環境を整えるため、高齢者健康・生活総合支援システム再構築の一助とすることを目的としております

■プロジェクト概要
プロジェクトでは、以下を実施いたします
・ 山田町の健康・生活支援に携わる主要ステークホルダーが集うコンソーシアム形成
・ 一般社団法人高齢先進国モデル構想会議とコンソーシアム中心メンバーが定期的に情報交換できる場の設定
・ 高齢者を対象とした調査および健康・生活総合支援活動

特に、高齢化によりリスク増大が懸念されるNCDs (non-communicable disease: 非感染性疾患) およびメンタルヘルス領域における予防および早期介入に注視し、包括的な支援体制構築を行います。また、本プロジェクトにより得られた知見をガイドラインとして集約し、他自治体等で高齢者健康・生活総合支援施策を水平展開する上での基礎資料といたします

■パートナー団体
一般社団法人高齢先進国モデル構想会議 (代表理事 武藤 真祐氏)
・ 高齢者の孤立に危機感を持ち、在宅医療を中心とした産学官民のコンソーシアム形成、および、高齢者を地域コミュニティで支える包括的なサービスモデル構築に取り組まれています。特に、現在石巻市において、在宅被災者への健康・生活総合支援を中心とした活動を展開しています (URL: http://www.you-homeclinic.or.jp/Dr_muto/)

■支援団体(敬称略)
・ 武田薬品工業株式会社
・ Project HOPE
・ メドトロニック財団

■実施期間(予定)
2012年10月~2014年9月

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る