HOME > 活動報告 - イベントなど > 「家庭医・日本の現状と今後の展望」 第40回定例朝食会 開催報告

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

「家庭医・日本の現状と今後の展望」 第40回定例朝食会 開催報告

開催日2012-12-13

「家庭医・日本の現状と今後の展望」 第40回定例朝食会 開催報告

日本医療政策機構は、20121213 (木)、第40回定例朝食会を開催いたしました。今回は、「家庭医・日本の現状と今後の展望」と題し、福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座 教授の葛西龍樹先生よりお話をお伺いしました。

今後ますます少子高齢化の進む日本における、多様な医療問題の解決策として、地域全体を支える家庭医療への注目が高まっています。
家庭医は、地域の医療ニーズにどのように応じることができるのでしょうか。日本の家庭医療の旗手でいらっしゃる葛西先生により、海外の事例も交え、日本の家庭医療の現状についてお話いただきました。

葛西先生のホームページ 「リュージュ(龍樹)の伝言」はこちら


テーマ
「家庭医・日本の現状と今後の展望」

スピーカー
福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座 教授 葛西龍樹氏

日時
2012
1213日(木)800900745より受付開始)

場所
GARB丸ノ内 (東京都千代田区丸の内2-2-3

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る