HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)第44回朝食会 他領域と医療のCross Discussionシリーズ3「宗教と医療」

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)第44回朝食会 他領域と医療のCross Discussionシリーズ3「宗教と医療」

開催日2013-06-27

(開催報告)第44回朝食会 他領域と医療のCross Discussionシリーズ3「宗教と医療」

日本医療政策機構は、2013627日(木)、第44回定例朝食会を開催いたしました。今回は、他領域と医療のCross Discussionシリーズ第3弾として、遠山玄秀氏(日蓮宗 上行寺 副住職)をお招きしお話を伺いました。

今、わたしたちは高齢化や医学の進歩により終末期医療、再生医療、生殖医療、尊厳死や脳死といったさまざまな生死を巡る課題を抱えています。また、2011年の東日本大震災では多くの尊い命が失われ、生と死について考えた人も少なくないのではないかと思います。生死をめぐる課題について考え、また今後望まれる終末期サポートのあり方を考えるにあたり、太古の昔から死を扱ってきた「宗教」から多くの示唆を得ることができるのではないでしょうか。

日本ではほとんどの人が「自分は無宗教」と答えます。確かに「信仰する宗教がある」と言う人は多くないものの、「宗教的なものを信じる」という日本人は多く、それも若い人ほど多いという調査結果もあります。*

理系大学卒という異色の経歴を持つ1977年生まれの若い僧侶の遠山氏は、「今をより良く生きることである「終活」、大切な方を亡くされた方の心のサポートである「グリーフサポート」、元気な時から、病になった時、老いた時、そして最期を迎えた時、どうサポートするかという「チームビハーラ」、お寺をもっと大勢の方に来ていただき、多くのことに活用しようという「寺子屋ブッダ」の4つの活動を行われています。

*“宗教的なもの” にひかれる日本人~ISSP国際比較調査(宗教)から~
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/032.html

 使用言語:日本語)

■テーマ
第44回朝食会『他領域と医療のCross Discussionシリーズ3「宗教と医療」

■スピーカー
遠山玄秀氏(日蓮宗 上行寺 副住職)

■日時
2013年6月27日(木)8:00~9:00(7:45より受付開始)

■場所
GARB 丸の内 (東京都千代田区丸の内2-2-3)

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る