HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)国際シンポジウム 2013 アフリカ経済成長の鍵~健康への投資~

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)国際シンポジウム 2013 アフリカ経済成長の鍵~健康への投資~

開催日2013-05-31

(開催報告)国際シンポジウム 2013 アフリカ経済成長の鍵~健康への投資~

将来の巨大市場としての注目が高まるアフリカでは、健康な労働力と市場の持続可能性がますます重要な問題となってきています。そのなかで、 企業はアフリカの人々の健康増進にどのように関わり、インパクトを生み、その成長を取りこもうとしているのでしょうか。
本シンポジウムでは、アフリカの持続的成長を支える保健医療の問題に焦点をあて、アフリカと日本の企業経営者と、官民パートナーシップの国際機関のスピーカーをお招きし、多様で創造性に富む連携の事例を取り上げ、アフリカの保健医療分野へのアプローチの糸口を提供しました。


■日時 2013年5月31日(金) 15:00~18:00 (18:00~19:30 ネットワーキング レセプション)

■場所 ホテルオークラ東京 メイプル・ルーム 別館2階(東京都港区虎ノ門2-10-4)

■主催
特定非営利活動法人 日本医療政策機構(HGPI)
公益財団法人日本国際交流センター(JCIE)
世界基金支援日本委員会

■共催
世界エイズ・結核・マラリア対策基金
栄養改善のためのグローバル・アライアンス(GAIN)
国際エイズワクチン推進構想(IAVI)
世界基金支援アフリカ委員会

■企画・広報協力
アフリカ・ビジネスパートナーズ
日本創生ビレッジ(三菱地所運営)
コモンズ投信株式会社

■後援
外務省

■プログラム
15:00–15:05  開会挨拶
黒川 清 (政策研究大学院大学アカデミックフェロー、日本医療政策機構代表理事)

15:05–16:20 パネル・ディスカッション1:企業のコア・コンピタンスを活かした健康改善への取り組み
リチャード・カセセラ (世界基金支援アフリカ委員会東アフリカ代表、HIV/エイズ経済人会議CEO(タンザニア))
[モデレーター]

企業のナレッジを医薬品のサプライチェーンに活かす
コカ・コーラの事例
クリストフ・ベン (世界エイズ・結核・マラリア対策基金渉外局長)

低所得層の健康改善をはかる民間投資ファンド
アフリカ・ヘルス・ファンドの事例
シャキル・メラーリ (アブラジ・グループ パートナー(ケニア))

地域の人々の健康に関する意識啓発
アイビー・アペア・オウス (セイラス石油CEO(ガーナ))

16:20–17:35  パネル・ディスカッション2:保健医療テクノロジーの開発と普及に向けた官民パートナーシップ
村上 博美(政策研究大学院大学助教授) [モデレーター]

アフリカの栄養改善
ビルギット・ポーニアトフスキー (栄養改善のためのグローバル・アライアンス(GAIN)投資・パートナーシップ部長)

佐次本 英行 (DSMニュートリションジャパン株式会社ヒューマンニュートリション本部取締役本部長)

日本の医薬品研究開発の知見・技術を活かす
マーガレット・マックグリン (国際エイズワクチン推進構想(IAVI) プレジデント兼CEO)

長谷川 護 (ディナベック株式会社代表取締役社長)

小沼 士郎 (外務省国際協力局国際保健政策室長、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT)理事)

17:35–18:00 ラップ・アップ・セッション
渋澤 健 (日本国際交流センター理事長、世界基金支援日本委員会ディレクター)

リチャード・カセセラ

村上 博美

==================================
18:00–19:30         レセプション


※当機構 代表理事 黒川清のダイヤモンドオンライン、インタビュー記事はこちら

 

イベントなど一覧に戻る

ご挨拶:黒川 清 ご挨拶:黒川 清
【パネル・ディスカッション1:企業のコア・コンピタンスを活かした健康改善への取り組み】
 
【パネル・ディスカッション1:企業のコア・コンピタンスを活かした健康改善への取り組み】  
【パネル・ディスカッション2:保健医療テクノロジーの開発と普及に向けた官民パートナーシップ】
【パネル・ディスカッション2:保健医療テクノロジーの開発と普及に向けた官民パートナーシップ】
【ラップ・アップ・セッション】 【ラップ・アップ・セッション】
会場の様子 会場の様子
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る