HOME > 活動報告 - イベントなど > 復興庁委託事業 第1回はまらっせんキッチンin 元気村 開催

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

復興庁委託事業 第1回はまらっせんキッチンin 元気村 開催

開催日2014-01-12

復興庁委託事業 第1回はまらっせんキッチンin 元気村 開催

112日(日)、陸前高田市の仮設住宅・長洞元気村で復興庁「新しい東北」先導モデル事業「はまらっせんキッチン」を開催しました。本事業は、「グローバルヘルスサマープログラム2014」にて学生が発案したアクション・プランを、現地の方々の協力を得て復興庁の先導モデル事業として実現に至ったものです。

「食を通じておいしく元気に」をテーマに、陸前高田の食材を使った料理教室と食事会、またその場で保健師による健康よろず相談を行いました。「はまらっせん」とはLet’s join usを表す気仙地域の方言です。食を通じた被災地域における健康増進、コミュニティの活性化、地域間交流をめざします。

食材は、陸前高田のお母さんたちがつくる「なでしこ会」が加工・販売している茎ワカメ。その風味とうま味を広めようと、銀座の「天冨良いわ井」のプロ料理人の岩井氏がレシピを考案しました。東京から駆けつけた岩井氏の丁寧な指導のもと、地元のみなさんと和食作りに挑戦し、参加者からは「おいしい」、「家でも試したい」という声が聞かれました。今回の様子は、岩手日報新聞、東海新報社新聞、「なでしこ会」のブログにも取り上げていただきました。

(共催:NPO法人日本医療政策機構(HGPI)、NPO法人 被災地支援団体 あおぞらん、NPO法人臨床研究支援ユニット 東日本大震災被災住民支援プロジェクト「きぼうときずな」)

★岩手日報の記事はこちら 

★なでしこブログはこちら

当日実際に調理したレシピは、右欄よりご覧ください。

(1)茎ワカメとムール貝のお粥
(2)鯵のたたき気仙風
(3)北限の柚子胡椒

 

イベントなど一覧に戻る

当日のレシピ
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る