HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告) グローバルヘルス サマープログラム2014

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告) グローバルヘルス サマープログラム2014

開催日2014-09-05

(開催報告) グローバルヘルス サマープログラム2014

日本医療政策機構では、第5回「グローバルヘルス サマープログラム“Supporting a Sustainable Healthcare Workforce”」を開催しました。今年は「医療人材を増やす」をテーマに、東京・フィリピンでのプログラムを実施しました。

本プログラムでは、201311月に上陸した台風ヨランダで甚大な被害を受けたフィリピンカモテス諸島に焦点を当て、カモテス諸島で被災者支援を行ってきたProject HOPE協力のもと、発展途上国における災害復興期の健康課題に関して学びました。フィリピンのフィールドワークでは Project HOPEの支援場所を訪問したり、現地の行政担当者、医療従事者、NGO関係者の方々のお話を聞いたりしました。

フィリピンの健康課題には災害復興期に特有の課題だけでなく、伝染病,貧困など途上国共通の要因が複雑に絡み合っています。このような健康にまつわる様々な要因の関連を図に表したものは
“Health System Mapping”と呼ばれます。本プログラム参加者は、この“Health System Mapping”を活用して「カモテス諸島の医療人材を増やす」ための方法を立案し、最終日に東京にて発表しました。


【プログラム内容】
・グローバルヘルス分野で、第一線で活躍するプロフェッショナルによる講義

・英語でのプレゼンテーション,問題解決思考,コミュニケーションなどのスキル研修

・フィールドワーク(フィリピン)


【開催期間】
 2014
95日(金)~912日(金)

【スケジュール】

 9/5 
(金)- 9/6(土) オリエンテーション・講義・スキル研修 [東京]
 9/7 
(日)- 9/11(木)フィールドワーク [セブ市・カモテス諸島, フィリピン]
 9/12
(金) 発表会 [東京]

【開催場所】 

政策研究大学院大学(六本木) (フィリピンでのフィールドワーク期間を除く)

【参加者数】
医学、公共政策、国際関係、公衆衛生、国際保健を専攻する方、あるいは他専攻の学生で国際保健分野に興味を持っている、12名の学生に参加して頂きました。


【主催】
特定非営利活動法人日本医療政策機構 (HGPI)

【共催】
米国国際医療支援団体 Project HOPE
公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金 (GHIT Fund)
政策研究大学院大学グローバルヘルス・イノベーション政策プログラム (GRIPS)

【お問合せ】
特定非営利活動法人 日本医療政策機構
100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
Tel: 03-5511-8521
(代表)

担当:スミス・アン

 

イベントなど一覧に戻る

GHSP 2014
現地の病院訪問に向けた事前ディスカッション 現地の病院訪問に向けた事前ディスカッション
カモテス諸島への移動 カモテス諸島への移動
交流会:セブにて、WHOの方、Department of HealthのProvincial Health Officer、Cebu Doctor's Universityの学生、医学部長と一緒にレチョン(フィリピンの焼き肉)をいただきました! 交流会:セブにて、WHOの方、Department of HealthのProvincial Health Officer、Cebu Doctor's Universityの学生、医学部長と一緒にレチョン(フィリピンの焼き肉)をいただきました!
クリニックの前にて クリニックの前にて
現地の医師へのヒアリング 現地の医師へのヒアリング
フェリーでのグループミーティング フェリーでのグループミーティング
Program Booklet(英語のみ) Program Booklet(英語のみ)
報告書(英語) 報告書(英語)
報告書(日本語) 報告書(日本語)
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る