HOME > 活動報告 - イベントなど > (申込終了)第57回定例朝食会:「ボケてたまるか!~認知症早期治療を体験して~」

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(申込終了)第57回定例朝食会:「ボケてたまるか!~認知症早期治療を体験して~」

開催日2016-03-08

(申込終了)第57回定例朝食会:「ボケてたまるか!~認知症早期治療を体験して~」

「ボケてたまるか!~認知症早期治療を体験して~」

今回の朝食会では、軽度認知障害(MCI)と診断されてからも、現役ジャーナリストとして活躍している山本朋史さんをお招きし、診断から治療、普段の生活に至るご自身の体験についてお話しいただき、参加者の皆さんと今後の認知症に対する取組みについて考えます。

■スピーカー:

 ・山本朋史氏
  (週刊朝日編集部 編集委員)
■日時:
 2016年3月8日(火)8:00‐9:15(受付開始は7:45)
■場所:
 EGG JAPAN (東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)
■参加費:
 ・一般:2,500円
 ・学生:1,500円(学生証をお持ちください)
 ※個人賛助会員は無料となります。

■概要:
日本における認知症の人の数は、2012年の約462万人から、2025年には700万人前後へと上昇し、65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症の人になる社会が訪れると見込まれています。
高齢化に伴う認知症の人の増加への対応は、いまや日本のみならずグローバル社会に共通する課題です。日本政府も、2015年1月、新しい認知症戦略である「新オレンジプラン」を発表しました。認知症の方が、認知症とともに生きていく社会の実現には、当事者の声、そして当事者の視点に立った対策が不可欠です。
今回の朝食会では、現在も現役ジャーナリストとして活躍する傍ら、認知症早期治療の実体験を出版され、また2014年G7認知症サミットの後継イベントでオープニングスピーチもされた山本氏に、ご自身の体験や、今後の認知症対策への期待などをお話しいただきます。

■参考図書:
山本朋史著:「ボケてたまるか!  62歳記者認知症早期治療実体験ルポ

----

お申し込みは先着順とし、定員になり次第、締め切らせていただきます。
キャンセルをされる場合、3/3(木)17:00までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。
ご協力を宜しくお願いいたします。





 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る