HOME > 活動報告 - イベントなど > 第1回朝食会「国民の医療:何が課題か」

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

第1回朝食会「国民の医療:何が課題か」

開催日2005-10-06 ゲスト黒川 清(当機構代表理事)

第1回朝食会「国民の医療:何が課題か」

去る10月6日(木)、第1回朝食会が開催されました。当機構代表理事黒川清が、「国民の医療:何が課題か」というテーマの下、およそ1時間にわたりお話させていただき、その上で、ご参加の皆様からのご質問にお答えいたしました。

(要氏)
医療を取り巻く環境が変わってきている。国民皆保険が導入された当時は、日本は第1次産業に依存し貧しく、死因も脳血管疾患や結核が中心だった。

現在は、工業化と都市化に伴い、生活は豊かになり、医療の技術も進歩する一方で、運動量が減り、生活習慣病がはびこっている。このように医療の環境が変わっている中で、医療政策を見つめなおす時が来ているのではないか。

今、何が問題か。医療費は32兆円といわれているが、誰が払って誰が何を享受するのか、この議論を深めていく必要がある。タックスペイヤーすなわち国民が、どうお金を使うべきか声を上げなければならない。しかし現状をみると、生活習慣病や喫煙の問題など、個人に原因がある病気が多い。これは国民に甘えがあるということではないのか。

このような朝食会の場の活用も含め、啓蒙、啓発活動の必要性を痛感している。

 

イベントなど一覧に戻る

朝食会資料
議事録 議事録
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る