HOME > 活動報告 - 記事・報道 > (講演)「国際的な産官学の連携体制による認知症研究と社会システムイノベーションの推進について」(世界認知症会議、2017年2月28日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(講演)「国際的な産官学の連携体制による認知症研究と社会システムイノベーションの推進について」(世界認知症会議、2017年2月28日)

日時2017-02-28

当機構代表理事 黒川清が、パリのOECD本部において開催された世界認知症会議(WDC: World Dementia Council)において、当機構が進めている調査研究「国際的な産官学の連携体制(PPP: Public Private Partnerships)による認知症研究と社会システムイノベーションの推進について」を発表いたしました。
 

 
 

ページトップへ

記事・報道一覧に戻る