HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)中国医薬イノベーション協会との意見交換会を実施しました(2017年4月6日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)中国医薬イノベーション協会との意見交換会を実施しました(2017年4月6日)

開催日2017-04-06

4月6日(木)、中国医薬イノベーションR&D協会(※)より宋瑞霖執行会長、および劉殿波氏ら6名が中国より来日され、当機構において意見交換会を実施しました。
当機構の主な活動や日本の医療政策の現状課題を紹介するとともに、イノベーションによる医薬品の発展にともなう高額薬剤の課題と社会保障制度の持続可能性の両立について議論しました。多くの質問や意見が飛び交う、活発な議論の場となりました。

中国医薬イノベーションR&D協会
1988年、「イノベーション、産業化、国際化」の趣旨に基づき設立された、国家民政部に登録された中国の非営利・一級社会団体組織。 臨床上のニーズに基づき、「産業、学術、研究、応用」が緊密に連携しながら、医薬産業のイノベーションと発展を促進することを目的として活動している。


 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る