HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)第35回 特別朝食会「神奈川県メディカル・イノベーションスクール構想について」大谷 泰夫 氏(2017年3月2日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)第35回 特別朝食会「神奈川県メディカル・イノベーションスクール構想について」大谷 泰夫 氏(2017年3月2日)

開催日2017-03-02

2017年3月2日、都内にて神奈川県参与ならびに日本医療研究開発機構(AMED)理事の大谷泰夫氏をお招きし、「第35回特別朝食会神奈川県メディカル・イノベーションスクール構想について」を開催いたしました。

■概要
本朝食会では、神奈川県がヘルスケア・ニューフロンティア構想の実現に向け、社会システムや技術の革新を起こすことができる国際的な保健医療人材の養成機関として2019年に設立を予定している、公衆衛生大学院メディカル・イノベーションスクール(以下MIS)についてのご紹介をいただきました。

大谷氏からは神奈川県の「ヘルスケア・ニューフロンティア構想」についてご講演をいただき、超高齢社会の到来という急激な社会変化を乗り越え、誰もが健康で長生きできる社会への想いをお伝えいただきました。

続いて神奈川県理事でヘルスケア・ニューフロンティア・医療政策担当を務める首藤健治氏より、MISの設置目的やプログラムの概要をご紹介するとともに、次世代に必要とされる人材像や、国際的な保健医療人材の養成にMISがどのように貢献可能かという点についてご講演をいただきました。

出席者とも活発な意見交換がなされ、ヘルスケア・ニューフロンティア構想の核となる「未病」のコンセプトへの共感や、最先端医療・最新技術の追求と医療の持続可能性についての質問等、会場からはグローバルな医療人材育成に対する大きな期待が寄せられました。

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る