HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)認知症対策 日英・アジア グローバル専門家会合 「認知症対策推進のための官民連携の先進事例」(2017年3月17日)

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)認知症対策 日英・アジア グローバル専門家会合 「認知症対策推進のための官民連携の先進事例」(2017年3月17日)

開催日2017-03-17

(開催報告)認知症対策 日英・アジア グローバル専門家会合 「認知症対策推進のための官民連携の先進事例」(2017年3月17日)

2017年3月17日(金)、ホテルニューオータニにて、認知症対策 日英・アジア グローバル専門家会合「認知症対策推進のための官民連携の先進事例」を開催いたしました。

当機構では、日本医療研究開発機構(AMED)より委託を受け、「認知症研究における国際的な産官学の連携体制(PPP)のモデル構築と活用のための調査研究」を実施しております。本調査研究においては、多様な認知症研究ニーズを俯瞰しながら国際連携を視野に入れつつ、公的資金だけでなく民間資金も活用して、認知症研究を効果的かつ効率的に推進していくための PPP の在り方を提案し、我が国における具体的な枠組みの構築と活用に繋げることを目標としております。

本委託事業の一環として、英国にて認知症当事者の支援団体として活動するDementia UK、アルツハイマー病研究団体であるAlzheimer’s Research UK、またアジア地域からも専門家お招きし、認知症対策推進のための官民連携の先進事例や教訓を共有いたしました。

登壇者  1: カレン ハリソン‐デニング
(Dementia UK リサーチ&エバリュエーション ヘッド)
登壇者  2: ディーワイ スハルヤ
(アルツハイマー・インドネシア 設立者&エグゼクティブディレクター)
登壇者  3: リーユー タン
(台湾アルツハイマー病協会 事務局長)
登壇者  4: マット ノートン
(Alzheimer’s Research UK ポリシー&パブリックアフェアーズ ヘッド)


3月30日(木)

ゲストスピーカーのマット・ノートン氏がAlzheimer’s Research UKのブログで、当イベントを紹介くださいました。

詳細はこちらです。


 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る