HOME > 活動報告 - イベントなど > 「再生医療臨床応用に向けた制度的課題」

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

「再生医療臨床応用に向けた制度的課題」

開催日2006-12-04

「再生医療臨床応用に向けた制度的課題」

日本医療政策機構による政策提言をベースに、再生医療をめぐる諸問題とりわけ①審査・認可に関する諸制度と②細胞バンクに関して問題点を討議した。

まず、当機構の政策提言で主査を務めた京都大学教授川上浩司氏による論点の提示、医薬品医療機器総合機構の豊島聰氏による再生医療技術の審査・認可制度の現状の説明、および「自家細胞を用いた再生医療を推進する議員の会」所属の公明党福島豊議員による議員連盟の目標についてのプレゼンテーションを受けて、議論が行われた。

立法、行政以外にも、研究者、企業、ジャーナリスト等、幅広い分野のオピニオンリーダーが参画し、討議が行われた。当機構による政策提言と会議の様子は多数の新聞・雑誌で紹介された。

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る