HOME > 活動報告 - イベントなど > (開催報告)第2回グローバル専門家会合「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立 シリーズ~日本における医療技術評価(HTA)のあり方、課題、そして今後の期待:徹底討論~」(2017年10月5日(木))

日本医療政策機構-活動報告

  • イベントなど
  • 調査・提言
  • インタビュー
  • 講演・記事・報道
  • その他
  •  

(開催報告)第2回グローバル専門家会合「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立 シリーズ~日本における医療技術評価(HTA)のあり方、課題、そして今後の期待:徹底討論~」(2017年10月5日(木))

開催日2017-10-05

日本医療政策機構は、第2回グローバル専門家会合「医療システムの持続可能性とイノベーションの両立 シリーズ~日本における医療技術評価(HTA)のあり方、課題、そして今後の期待:徹底討論~」を開催いたしました。


当機構は、2017年4月、米国 戦略国際問題研究所(CSIS: Center for Strategic and International Studies)と共催で、グローバル専門家会合「医療システムにおけるイノベーションと持続可能性の両立に向けて」を開催しました。4月に開催した会合では、イノベーションを推進しながら、公平なアクセスを確保し、質の高い医療の提供を担保する一方で、コストを抑えるという難題は、日本独自の課題ではなく、世界共通の課題であることが確認されました。また、医療技術や機器・薬剤の価値を適切に評価するために、財政的な負担と公衆衛生上の利点の双方を指標とし、マルチステークホルダーによる意思決定プロセスにおける国民の参画の重要性が指摘されました。

高齢化や慢性疾患の増加による疾病構造の変化や、医療技術や機器・薬剤の発展による医療費の高額化も急速に進んでおり、それに伴う保健医療システムの持続可能性も世界各国の喫緊の課題となっています。ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC: Universal Health Coverage)という概念についても、負担と給付の範囲や是非に関する議論が世界各国で活発化しています。我が国でも、医療技術評価(HTA: Health Technology Assessment)や保険者機能の強化といった方法による対応策が模索される中、医療サービスの受益者である社会全体、個々人の価値観を、如何に医療技術や機器・薬剤の評価に反映していけるのか、検討を重ねている段階です。

本グローバル専門家会合では、持続可能な医療システムのあるべき姿に関して、国内外における医療従事者、企業関係者、学識関係者、関連省庁や市民社会等を代表する専門家が一堂に会し、フラットかつマルチステークホルダーによる議論が行われました。

基調講演1
鈴木 康裕(厚生労働省 医務技監)


基調講演2
齋藤 信也(岡山大学大学院 保健学研究科 教授/国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)日本部会 会長)


ラウンドテーブル「日本における医療技術評価(HTA)のあり方、課題、そして今後の期待」
登壇者:(五十音順・敬称略)
赤沢 学(明治薬科大学 公衆衛生・疫学研究室 教授)
五十嵐 中(東京大学大学院 薬学系研究科 医薬政策学 特任准教授)
市川 衛(医療ジャーナリスト / 日本放送協会(NHK) 科学・環境番組部 第1制作センター 制作局 ディレクター)
Eun-Young Bae(慶尚大学校 薬学部 教授)
大西 佳恵(クリエイティブ・スーティカル 株式会社 日本代表)
Chris Hourigan(ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長)
Kevin Haninger(米国研究製薬工業協会(PhRMA) インターナショナル・アドボカシー デピュティ・バイス・プレジデント)
Koen Torfs(Janssen Pharmaceutical Companies of Johnson & Johnson グローバル・リエンバースメント&リアル・ワールド・エビデンス バイスプレジデント)
後藤 悌(国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科)
小谷 秀仁(パナソニック ヘルスケアホールディングス株式会社 代表取締役社長 /パナソニック ヘルスケア株式会社 代表取締役社長 最高経営責任者 最高技術責任者)
齋藤 信也(岡山大学大学院 保健学研究科 教授/国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR)日本部会 会長)
桜井 なおみ(キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長/がん対策推進協議会 患者委員)
白岩 健(国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官)
田村 誠(米国医療機器・IVD工業会(AMDD)医療技術政策研究所 所長/一般社団法人 医療システムプランニング 代表理事)
中村 洋(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授)
二木 立(日本福祉大学 相談役・大学院 特任教授)
Philippe Fauchet(欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)副会長/グラクソ・スミスクライン株式会社 代表取締役会長)
眞島 喜幸(特定非営利活動法人 パンキャンジャパン 理事長)
松本 純一(公益社団法人 日本医師会 常任理事)
眞鍋 馨(文部科学省 高等教育局 医学教育課 企画官)



モデレーター
乗竹 亮治(日本医療政策機構 事務局長)


(写真: 井澤 一憲)

 
 

ページトップへ

イベントなど一覧に戻る