日本医療政策機構-ビデオ

HOME > ビデオ

ビデオ

  • VIDEO

    YouTubeへリンクします。

    第4回「グローバルヘルス サマープログラム」
    日時

    日本医療政策機構では、第4回「グローバルヘルス サマープログラム“Global Health Professional: Leadership and Communication, that makes a difference”」を開催しました。(共催:東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室)。今年は、「Post Disaster Health Promotion」をテーマに、震災復興の現場へのフィールドワークを行い、グローバルヘルス・プロフェッショナルに求められるリーダーシップとコミュニケーション・スキルについて学びました。
    >>詳細はこちらからご覧いただけます。

     
  • VIDEO

    YouTubeへリンクします。

    第34回定例朝食会
    日時

    日本医療政策機構は、2011年12月2日(金)、定例朝食会を開催いたしました。今回は、グローバル・ヘルス分野に注目し、「GAVI:新しい官民パートナーシップの試み」と題して、GAVIアライアンス事務局長のセス・バークレー氏からお話をうかがいました。
    >>当日の資料はこちらからご覧いただけます。

     
  • VIDEO

    YouTubeへリンクします。

    第13回特別朝食会
    日時

    日本医療政策機構は2011年11月29日、当機構相談役、賛助者、有識者等を対象とした特別朝食会を開催いたしました。今回は、世界におけるNCD(非感染症疾患)対策の現在の潮流と今後の世界の動向について、海外有識者2名、NCD Alliance 戦略コンサルタントのジュディス・ワット氏と、ランス・アームストロング財団 ディレクターのロイス・ペース氏をスピーカーに迎え、ご講演頂きました。
    >>当日の資料はこちらからご覧いただけます。

     
  • VIDEO

    YouTubeへリンクします。

    NCD Japan Forum 2011
    日時

    日本医療政策機構は2011年11月29日、英国大使館大使公邸にて「NCD Japan Forum 2011 ~先進国の慢性疾患対策とNCDアジェンダ 国連NCD宣言後の世界」を開催いたしました。
    >>当日の資料はこちらからご覧いただけます。

     
  • VIDEO

    YouTubeへリンクします。

    緊急フォーラム「グローバルに考える被災地の今 ~健康・医療分野における日米協力オープン・ダイアローグ~
    日時

    日本医療政策機構は、戦略国際問題研究所(CSIS)との共催により、11月11日に福島に於いて緊急フォーラムを開催致しました。被災地の健康医療分野における長期的な国際協力体制オープン・プラットフォームの構築を目指し、国内外の政府関係者・医療従事者・市民・ヘルスケア関連の企業の経営層、主要メディアジャーナリストなど約70名が福島に集いました。

     
  • VIDEO
    グローバルヘルス サマープログラム2011
    日時

    日本医療政策機構は、東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室との共催により、7月28日から10日間、次世代リーダー養成プログラム「グローバルヘルス サマープログラム2011」を開催致しました。参加した学生たちは、各界のリーダーや起業家による講義を受けた後、各グループに分かれ、フィールドワーク期間にポリオ撲滅に向けたアクション・プランを策定、最終日の報告会にて発表しました。

     
  • 第32回定例朝食会
    日時

    日本医療政策機構は、2011年5月20日、第32回定例朝食会を開催いたしました。今回は、世界的に医療支援を行う米国の非営利団体Project HOPEのジョージ・グスジャ氏(「Rising Sun」作戦オペレーション・オフィサー)から「プロジェクト・ホープと日本医療政策機構による被災地医療支援」についてお話を伺い、東日本大震災後の喫緊のニーズと今後の復興ビジョンについてディスカッションをおこないました。

     
  • VIDEO

    「超党派コングレッショナル・ブリーフィング」、「グローバル・ヘルス・フォーラム2011」、「医療政策サミット2011」
    日時

    2011年2月25日、26日の二日間に渡り、「超党派コングレッショナル・ブリーフィング」「グローバル・ヘルス・フォーラム2011」「医療政策サミット2011」を開催いたしました。各会議は、米国ワシントンDCのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)や世界保健機関(WHO)に事務局を置く国際医療品購入機関のUNITAID、東京大学「グローバルヘルス政策人材養成講座」と協力のもと、幅広いステークホルダーを巻き込み、国内外の健康医療政策について、白熱した議論が交わされました。